静神社 見どころ


キーワード:
27件の情報項目より1-5件を表示しております
  001:  水戸藩と静神社
水戸藩と静神社 静神社は代々の水戸藩の祈願所とされた。特に徳川光圀公は寛文7年(1667年)に仏寺を分離し、唯一宗源の神道に改め、本殿、拝殿、神門、玉垣、神楽殿等を新たに造営神楽乙女8人、神楽男5人をおいて大神楽を奏した。しかし、これらの社殿は天保12年焼失、神宝、古文書等を失った。現存は徳川斉昭公によって再建されたもの。

  002:  常陸の国 二の宮
常陸の国 二の宮 かっての茨城(常陸の国)の鹿島神宮に次ぐ、二の宮として、崇められた。参道の入り口の石碑

  003:  由来
由来 那珂市の由来看板
大檜ほか那珂市指定文化財となっている。

  004:  木立の中の静神社
木立の中の静神社 石段を上っていくと木立の中に静神社が現れる

  005:  静神社神門
静神社神門 150段の階段を上り詰めると神門に達する